窓ガラスのガラス用語

ガラスは目的別に選択することでよりよい効果が得られます

窓ガラスの種類

普通板ガラス
(ふつういた)
最も歴史の古い、一般建築用の透明板ガラス。溶かしたガラスを、帯状に製板したものです。
フロートガラス製板時に金属線を網状に入れたガラス。熱や火によりひびが入っても、ガラスが飛散しないので、延焼防止・防犯上の効果があります。
複層ガラス
(ふくそう)
2枚のガラスを6mm程度の間隔で組合わせ、内部に清浄な乾燥した空気を密封したガラス。
断熱・遮音・結露の防止に役立ちます=「ペアガラス」
ペアガラス2枚のガラスを6mm程度の間隔で組合わせ、内部に清浄な乾燥した空気を密封したガラス。断熱・遮音・結露の防止に役立ちます。=「複層ガラス」
Low-EガラスLow Emissivity(低放射)の略で、板ガラスの表面に酸化スズや銀などの特殊金属膜をコーディングしたもので、このLow-E膜が遠赤外線の反射率を高めている。
このため、Low-Eガラスを複層ガラスに使用することで、中空層の放射による熱伝達を低減し、高断熱性能を実現させる。
Low-E複層ガラスLow Emissivity(低放射)の略で、複層ガラスのうち、その内面部に特殊な金属膜を設けたものをいう。外側ガラスの内面側に特殊金属膜を設けたものを遮熱高断熱複層ガラス、内側ガラスの外面に設けたものを高断熱ガラスとする場合が多い。施工地域の寒暖や建物開口部(採光する窓)の向きによって使い分ける。金属膜が放射による熱の伝達を抑えるため、従来の複層ガラスに比べ断熱性能が高い。また冷暖房負荷を大きく削減することができ、数年で初期投資が回収できる。
網入りガラス
(あみいり)
製板時に金属線を網状に入れたガラス。熱や火によりひびが入っても、ガラスが飛散しないので、延焼防止・防犯上の効果があります。
合わせガラス
(あわせがらす)
2枚のガラスを透明で接着力の強いプラスチックフィルムで貼りあわせたガラス。強度は強いが、断熱効果は期待できません。
安全ガラス(合わせガラス、強化ガラス)のうち、特に脱落防止性能に優れた「合わせガラス」を防災ガラスといいます。
防災ガラス丈夫な中間膜を2枚の板ガラスの間にはさんだ合わせガラスです。
地震や台風などの災害が起きた時、万一衝撃によりガラスが割れても、丈夫な中間膜により、飛散や、ガラスの脱落からの破片によるケガを防止しますので、学校など、公共の施設でのご採用をおすすめします。
またこの優れた安全性能に、防犯・防音など様々な機能を付加することも可能ですので、あらゆるシーンで幅広くご採用いただけます。
型板ガラス
(かたいた)
表面に型模様を転写して製板したガラス。適度に透明性がなくなるため、視線を遮りたい窓に使用します。
ガラスブロック中が空洞のガラス製のブロック。断熱性・防音性に優れています。壁・床・天井などに取付け、デザインと機能を兼ね備えて使用できます。
くもりガラス片面に均一に細かな傷をつけ、不透明に加工したガラス。視線を遮りたい窓に使用します。=「すりガラス」
すりガラス片面に均一に細かな傷をつけ、不透明に加工したガラス。視線を遮りたい窓に使用します。=「くもりガラス」
熱線吸収ガラス
(ねっせんきゅうしゅう)
紫外線を吸収するために、微量のニッケル・コバルト・鉄・セレンなどを加えたガラス。紫外線により変色・変質しやすいものを保護したいときに使用します。
熱線反射ガラス
(ねっせんはんしゃ)
表面に金属酸化膜を焼き付け、太陽のエネルギーを反射するガラス。室内の冷房効率を高めます。昼間は外部から内部がほとんど見通せません。=「ミラーガラス」
ミラーガラス表面に金属酸化膜を焼き付け、太陽のエネルギーを反射するガラス。室内の冷房効率を高めます。昼間は外部から内部がほとんど見通せません。=「熱線反射ガラス」

窓・サッシの性能比較

性能比較(断熱性低い)← – – – – – – – – – – – – – – – →(断熱性高い)
窓ガラス単板ガラス < 複層ガラス < Low-E複層ガラス
サッシアルミサッシ < アルミ+樹脂複合サッシ < 樹脂サッシ

tel

窓のリフォーム・窓の悩み相談

窓の結露対策窓の結露窓の断熱対策窓の断熱窓の遮熱対策窓の遮熱窓の紫外線窓の紫外線
窓の防犯対策窓の防犯窓の目隠し対策窓の目隠し窓騒音対策窓の騒音窓の防災対策窓の防災
窓の機能性向上窓の機能性窓の調整窓の調整窓の掃除窓の掃除①窓掃除窓の掃除②

窓について

窓の種類サッシ(窓枠)の種類ガラスの種類
HOME新着ブログブログ一覧サイトマップ