長岡花火を車体に描写、「GENBI SHINKANSEN」のデザインイメージ発表


GENBI SHINKANSEN

走る美術館「現美新幹線」

JR東日本は、2016年春頃をめどに上越新幹線の越後湯沢~新潟間で運転予定の「GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」について、車体全体に夏の夜空を彩る長岡の花火をエクステリアデザインに採用することを決定した。
現美新幹線
※掲載した車体・車内画像は、現在検討中のイメージイラストであり実際のものとは異なる

エクステリアデザインは蜷川実花氏の作品

新幹線の車体全体に施されるエクステリアデザインは、写真家・映画監督の蜷川実花氏が手掛ける。このほか各車両のインテリアをデザインするアーティストも決定。6両編成の車両ごとに、異なる現代アーティストがGENBI SHINKANSENのために特別な列車空間を創り上げる。

各車両のインテリアを担当するアーティストは次の通りだ。
11号車 松本尚氏 (絵画)
12号車 小牟田悠介氏 (平面)
13号車 古武家賢太郎氏 (絵画)
13号車 paramodel氏 (絵画・彫刻)
14号車 石川直樹氏 (写真)
15号車 荒神明香氏 (立体)
16号車 ブライアン・アルフレッド氏 (映像)

また車内に設置するカフェについても、それぞれのスペシャリストを採用。スイーツの監修は菓子研究家のいがらしろみ氏が担当し、魚沼産コシヒカリの米粉や佐渡バターを使用したご当地メニューを提供。またコーヒーは、新潟県燕市のこだわりコーヒーであるツバメコーヒーの田中辰幸氏が監修する。

6両編成 臨時列車で年120日運行

列車のシンボルマークは、鈴木直之氏がデザイン。「現美」の漢字をモチーフとし、新幹線が水平に移動する速さを表現したものになった。
現美新幹線
GENBI SHINKANSENは、新幹線用の車両E3系を改造して、アート・カフェ・景色の各コンテンツで地域の活性化と観光拡大を図る。車両は6両編成で運行し、定員は105人の予定だ。臨時列車として、土休日を中心に年間120日程度の運転日となる見通し。

Posted by NEWS for Travel