「GENBI SHINKANSEN 現美新幹線」


GENBI SHINKANSEN 現美新幹線

現美新幹線

~旅するアートカフェ新幹線のアーティスト、デザインが決まりました~

・JR東日本では、「新しい東日本エリアを発見・体験」いただけることにこだわった新しい列車をプロデュースし、お客さまに「日常から解放される」旅行をご提供することで、地域の活性化及び観光流動の拡大に取り組んでいます。
その一環として新しい列車「GENBI SHINKANSEN 現美新幹線」を2016年春頃に上越新幹線(越後湯沢~新潟間)で運転予定です。

・「GENBI SHINKANSEN 現美新幹線」には、アート、カフェ、景色など様々な魅力がありますが、このたびメインコンテンツである「アート」について、各車両をプロデュースするアーティストとエクステリアデザインが決まりましたので、お知らせします。

・新潟の旅に新たな魅力をお届けする、世界最速の芸術鑑賞「GENBI SHINKANSEN 現美新幹線」に、どうぞご期待ください。

エクステリアのデザインイメージについて

現美新幹線
エクステリアデザインは、新幹線の車体全体に夏の夜空を彩る長岡の花火を描き出します。
イメージ:現在検討中のイメージイラストであり、実際のものとは異なります。
○エクステリアデザイン(写真) 写真家・映画監督 蜷川実花(にながわみか)(敬称略)

インテリアを担当するアーティストやスペシャリストについて

本列車のインテリアは、車両ごとに注目のアーティストがこの場所のために制作した現代アートで形作られます。列車空間を創りあげる多様な現代アートにご期待ください。
11号車 松本尚氏 (絵画)
12号車 小牟田悠介氏 (平面)
13号車 古武家賢太郎氏 (絵画)
13号車 paramodel氏 (絵画・彫刻)
14号車 石川直樹氏 (写真)
15号車 荒神明香氏 (立体)
16号車 ブライアン・アルフレッド氏 (映像)

このほか、本列車のシンボルマークや、魚沼産コシヒカリの米粉や佐渡バターを使用したスイ
ーツ、燕市のこだわりのコーヒー(13 号車に設置するカフェで提供予定)などについても、各ジ
ャンルのスペシャリストにご意見やご協力をいただきながら、お客さまに「新しい東日本エリア
を発見・体験」いただける新しい列車としてプロデュースします。

GENBI SHINKANSEN 現美新幹線 専用ホームページのオープンについて

今回のリリースに合わせて、「GENBI SHINKANSEN 現美新幹線」の世界観を感じていただける専用ホームページをオープンいたします。2016 年春頃の運転開始に向け、今後様々な情報を掲載して参りますので、ご期待ください。
・URL:http://www.jreast.co.jp/genbi/
・開設時期:2015年10月6日

(参考)「GENBI SHINKANSEN 現美新幹線」の仕様と運行について
・○対象車両:E3系(新幹線用車両)の改造
・座席:6両編成 / 105名(予定)
・運行線区:新潟エリア(越後湯沢~新潟間)を中心とした上越新幹線区間
・運転日:臨時列車として、土休日を中心に年間120日程度の運転を予定しています

Posted by GENBI SHINKANSEN – JR東日本