赤川花火大会にみる運営側の情報提供と地域住民等の理解や協力の重要性


赤川花火大会にみる運営側の情報提供と地域住民等の理解や協力の重要性

赤川花火大会の問題に向き合う姿勢が素晴らしいです。
花火大会運営側は情報提供しその理解を得ていくと同時に、どのような協力が必要なのかも併せて説明し、地域住民の理解や協力を求めていくことが必要で、地域住民や企業も花火大会に対して積極的に協力していくことが望まれるのが今後の花火大会では今まで以上に重要だと思います。

流石赤川花火大会。勢いのある花火大会は取り組み方が違います。
今後もさらに成長するのではないでしょうか。

長岡も見習うべき事は積極的にとり組んでほしいです。

昨日、観覧席の対岸にある、打上現場周辺のゴミ拾いを行いました。稲刈りが終わった田んぼからは、大会直後には発見できなかった花火の玉皮など、花火の打ち上げによるゴミが出てきます。その後、打上現場の集落の芋煮会に参加させて頂きました。…

Posted by 赤川花火大会