「大地の芸術祭の里 越後妻有2016冬」を開催/1月30日(土)~3月21日(月祝)


半年近くも雪に囲まれ、積雪3mを超える豪雪地・越後妻有(新潟県十日町市・津南町)。そんな圧倒的な雪と向き合い共存する越後妻有で、花火、アート、スポーツ、郷土料理と、今年も雪を楽しむ特別プログラム「越後妻有 2016 冬」を開催します。豪雪と向き合ってきたこの土地で、新しい視点から 雪の魅力を感じてください。

◆越後妻有2016冬 スペシャルチケット◆
雪花火、田中奈緒子パフォーマンス、越後妻有里山現代美術館[キナーレ]入館料、 まつだい「農舞台」・資料館入館料、光の回廊がセットになったスペシャルチケット。
・料金:大人2,500円(前売り2,300円)
小中学生1,500円(前売り1,300円)
・有効期限:2016年1月30日(土)~3月21日(月祝)
(キナーレ・農舞台は何度でも入場可)
・販売期間:※追ってHPにてご案内します
・販売場所:越後妻有里山現代美術館[キナーレ]
まつだい「農舞台」、越後妻有オンラインショップ他(1月中旬発売予定)


■越後妻有 雪花火/高橋匡太「Gift for Frozen Village 2016」「投雪機ライティングパフォーマンス」(3月5日)
・冬の夜空を彩るのは、雪上花火としては世界最大級の三尺玉。闇の中に一瞬だけ浮かび上がる雪の世界。幻想的な冬の越後妻有をお届けします。

■里山の暗闇と雪原を光で一新してきた高橋匡太。
今年も2万個の光の種による“光の花畑”、そして昨年フィナーレを飾った投雪機でのライティングパフォーマンスも登場します。
・時間=19:30打ち上げ予定
・会場=ナカゴグリーンパーク(駅や拠点施設よりシャトルバス運行予定)
・料金=大人1,000円、小中学生500円

■雪の運動会 越後まつだい冬の陣バージョン(3月12日)
「雪に負けるな!」の精神で、300人以上が熱くなる運動会は、熱気と歓声と笑いに包まれる一日限りの大イベント。今年は地元イベントとも連携し、地域、アーティスト、サポーターが一丸となって、さらに盛り上がります。
・日時=3月12日(土)14:00集合 14:30〜17:00
・場所=農舞台周辺
・料金=無料
・協力=鞍掛純一+日本大学芸術学部、坂口淳、三田村管打団?、伊藤千枝

■高橋匡太「光の回廊」
光のアーティスト・高橋匡太が贈る雪の回廊。4mもの雪壁を掘った回廊や空間が出現します。こぼれる光に誘われ、美しい小路へと迷いこんでみませんか?
・会期=3月4日(金)~6日(日)、11日(金)~13日(日)17:00〜20:30
・場所=まつだい「農舞台」
・料金=大人500円、小中学生250円


◆企画展◆

■越後妻有里山現代美術館[キナーレ] 2016冬企画展
田中奈緒子「物質の夢想」(1月30日~3月21日)
2015年芸術祭で真夏の夢のような作品を発表し、公演も大絶賛された田中奈緒子が、真冬のキナーレで個展を開催。さらに回廊に積もった雪原を舞台に、幻想的な光と影のパフォーマンスも展開します。
・会期=1月30日(土)~3月21日(月祝)10:00~17:00 水休(※3月5日(土)、11日(金)~13日(日)は19:30まで公開)
・料金=1,000円、小中学生500円
・パフォーマンス=3月11日(金)~13日(日)18:00開演/料金1,000円、小中学生500円(展覧会入館券提示で200円割引)

■冬のあそびば(関連プログラム)
親子で楽しめる万華鏡やオーナメントづくりに加えて、今年は屋外に「つながるーぷ」が登場。カラフルな輪っかをチャックでつなげて、みんなの輪を広げよう!
・会期=屋内 1月30日(土)~2月21日(日)の土日祝/屋外 2月27日(土)~3月6日(日)水休
・時間=10:00〜16:00
・料金=企画展入館で無料(「冬のあそびば」のみ1回500円)

■まつだい「農舞台」ギャラリー 企画展
池田光宏「Homemade Landscape」(1月30日~3月21日)
2003、2006年芸術祭でユニークな作品を発表した池田光宏が越後妻有に戻ってきました。北欧滞在期にスタートさせた光るドローイングなど、視覚のマジックを堪能できる展覧会です。
・会期=1月30日(土)~3月21日(月祝)10:00〜17:00水休(3月4日(金)~6日(日)、11日(金)~13日(日)は20:30まで公開)
・料金=大人600円、小中学生300円


◆食◆

■雪見御膳
豊かな滋味あふれる新潟の冬の食。雪国に生きる知恵がギュッと詰まったお母さんたちの手作り料理を御膳でいただく、ツアー限定のおもてなし。2014年に始まった各集落での食を通じたおもてなしと雪国体験プログラムで、集落の魅力を体感してください。

■越後まつだい里山食堂
母から娘へと伝わってきた郷土料理を現代風にアレンジしたここだけの味。カフェや土日祝限定の大人気ビュッフェもぜひ。
・営業=10:00〜17:00 水休(※3月4日(金)~6日(日)、11日(金)~13日(日)のみ20:30まで営業
・場所=まつだい「農舞台」2F

■越後しなのがわバル
「土産土法」にこだわったレストランカフェで、ボリューム満点の和らぎ料理を。今回は合鴨のみぞれ鍋も特別にご用意します。
・営業=10:00〜17:00 水休(※3月11(金)~13日(日)は20:00まで営業/3月5日(土)は雪花火会場に出店)
・場所=越後妻有里山現代美術館[キナーレ]2F


◆スペシャルツアー ~集落をめぐる旅へ~◆

■雪見御膳と雪花火コース(3月4日(金)・5日(土)出発/1泊2日)
地域のお母さんたちの手料理を御膳でいただく、ツアー限定の雪見御膳が集落をめぐる旅へと誘います。光の花畑&雪花火も満期越する1泊2日。
・料金=大人20,000円~、小学生以下15,000円~
・宿泊=松之山温泉 各旅館・三省ハウス

■雪見御膳と雪の運動会コース(3月11日(金)・12日(土)出発/1泊2日)
地元住民と楽しむ雪の運動会参加や、ツアー限定の雪見御膳、ウサギ追い(実際に狩猟は行いません)など集落の魅力を体感。冬の魅力満載の1泊2日。
・料金=大人20,000円~、小学生以下17,000円~
・宿泊=三省ハウス

■越後妻有の林間学校 雪の運動会コース(3月12日(土)出発/1泊2日)
こへび隊と雪の運動会を全力で楽しもう!宿泊先は小学校を改修した宿「三省ハウス」。アーティストとのワークショップや雪国ならではの遊びと学びを体験。
・料金=大人20,000円、中学生以下10,000円(現地交通費、プログラム参加費、食宿泊費含む)
・要予約=「大地の芸術祭の里」総合案内所


◆体験プログラム◆

■雪国の囲炉裏端文化体験
地域食材を堪能できる地素材ランチ&雪見酒に、古民家の囲炉裏端であんぼ焼き、さらに地元の方の民話の語りや交流を通して、豪雪地の農耕文化を体験しませんか?
・会期=1月9日(土)〜3月27日(日)水休
・料金=大人3,600円、中学生以下 1,800円(ランチ、施設見学料込み)
・会場:まつだい郷土資料館、まつだい「農舞台」
・要予約=3日前まで/まつだい「農舞台」025−595−6180
・定員:各10名

Posted by 大地の芸術祭の里