新年祝う花火暴発で男性1人死亡、380人けが フィリピン


新年祝う花火暴発で男性1人死亡、380人けが フィリピン | 読売新聞

AP通信などによると、フィリピンで年末年始にかけて、新年を祝う花火による事故が相次ぎ、
暴発した花火にあたって男性1人が死亡したほか、少なくとも380人がけがを負った。

マニラ近郊の貧困層が多く住む地区では、花火で約1,000軒の家が燃え、住民が焼け出されたという。
フィリピンでは、大きな音で悪運を払うという考え方から新年を花火や爆竹で祝う風習がある。
興奮して銃を撃つなどのケースもあり、毎年けが人が出ているため、当局が注意を呼びかけていた。

Posted by 読売新聞(YOMIURI ONLINE)