伝統文化を身に付ける!手漉き和紙製カードケース「オリンモ」販売開始 小国和紙


手漉き和紙製カードケース「オリンモ」

手漉き和紙製カードケース「オリンモ」販売開始

小国和紙
新潟県から生まれた伝統技術を世界に発信。
日本の伝統文化「手漉き和紙」と「折り紙」でずっと使える“和”なカードケース「オリンモ」が誕生しました。
オリンモは、下駄やかんざし、扇子などの日本の伝統を再発見しつつ、さりげなく日常やファッションに取り入れたい(取り入れている)人向けの商品です。
手漉き和紙と折り紙という2つの伝統技術が詰め込まれており、日常的に使えるカードケースとなります。

手漉き和紙を生産している(有)小国和紙生産組合(所在地:新潟県長岡市、代表取締役:今井宏明)はオリガミデザイン(所在地:新潟県長岡市)との共同開発製品である「オリンモカードケース」を、2016年2月15日(月)より販売いたします。

開発の背景

所在地はものづくり産業都市として栄えてきた長岡市に位置する小国町。
ここは江戸時代以前から伝わる紙漉きの伝統と米作りに彩られたふるさとの町です。
大正4年、新潟県には1000戸を越える和紙業者がいましたが、いまでは約10戸と、減少の一途を辿っています。
しかしながら、我々は日本の手漉き和紙という伝統技術を守りつつ、和紙の可能性を信じ、和紙がより身近なものになるよう挑戦し続けています。そこで、和紙に加え折り紙という2つの伝統を詰め込み現代的にアレンジした「オリンモカードケース」を、ここ長岡市小国町から発信します。

商品の概要

原料に清らかな雪解け水から育った小国産楮(自家栽培)を使用。厚手の和紙を使うことで実用性に優れ、柿渋を塗布することで耐久性や質感を高めています。
1枚の正方形和紙を折り込むだけの「切り目」「縫い目」のないカードケースです。
新潟県長岡市小国地域の方言「~んもん(~のものという意味)」が名前の由来です。

商品ラインナップ

カラー(4種):シロ、シブ、アカ、アカシマ
サイズ:約100×65×9mm
素材:小国和紙(厚さ:21匁)
仕様:マチ4つ有り※折り込まれた状態での販売となります
収納可能枚数:約40枚(名刺)
仕上げ:柿渋、こんにゃくのり仕上げ(シロのみこんにゃくのりのみ)
参考価格:2480円(税込)

3つの特徴

・日本を代表する2つの伝統が共演
・一枚の手漉き和紙を切らずに折るだけで完成(縫い目もないので広げることも可能)。
・紙に塗布することで表面を仕上げる柿渋やこんにゃくなどの自然素材を使用

今後の展望

コインケースやブックカバーなどにも着手し、オリンモシリーズとしてさまざまなアイテムを取り扱いたいと思っております。

詳細・お問い合わせは下記まで

(有)小国和紙生産組合 担当:今井千尋 
TEL:0258-95-3016 FAX:0258-95-3164
E-mail:info@oguniwashi.jp 
URL:”http://www.oguniwashi.jp/orinmo.html

Posted by 伝統文化を身に付ける!手漉き和紙製カードケース「オリンモ」販売開始 | プレスリリース ゼロ