花火師・嘉瀬誠次さんに「長岡市民大賞」贈呈


花火師・嘉瀬誠次さんに「長岡市民大賞」贈呈

長岡花火を育て発展させ多大な貢献をされた嘉瀬誠次さんに、市民大賞を贈呈しました。
贈呈式の会場となったアオーレ長岡には、長岡まつり関係者や東日本大震災後、陸前高田市で嘉瀬さんの「白菊」を打ち上げ続けている脇野町小学校6年生、市民ら約400人が集い、嘉瀬さんの受賞をお祝いしました。

森市長は「私は花火に誇りを持ちながら育ってきました。市民大賞は市民に希望と感動、そして誇りと自信を与えてくださった方に差し上げています。嘉瀬さんほどふさわしい方はいません。昨年長岡市は真珠湾で追悼と平和を祈る白菊を打ち上げました。嘉瀬さんが今まで世界各国で感動を与えてきた延長線にあるものです。これまでずっと長岡花火に強い思いを抱いて支えてこられた、そして長岡市民に希望と感動、誇りと自信を与えてくださったことに心から敬意を表します」とあいさつしました。

嘉瀬さんは「みなさまから叱咤激励されてここまできました。今までお世話になったこと、今日のことはちゃんと心にしまって死ぬまで忘れません。ありがとうございました」と感想を述べ、会場はあたたかい拍手に包まれました。

Posted by 長岡市