『64-ロクヨン-後篇』6月11日(土) 公開予定映画 T・ジョイ長岡


6月11日(土) 公開予定映画 T・ジョイ長岡

・64-ロクヨン-後篇
・サブイボマスク

64-ロクヨン-後篇

佐藤浩市はじめ、綾野剛、榮倉奈々、瑛太、永瀬正敏、三浦友和ら日本映画界を代表する豪華キャストが結集し、「ヘブンズ ストーリー」「ストレイヤーズ・クロニクル」の瀬々敬久監督のメガホンで、ベストセラー作家・横山秀夫の小説「64(ロクヨン)」を映画化した2部作の後編。

昭和64年に発生し、犯人が捕まらないまま迷宮入りした少女誘拐殺人事件・通称「ロクヨン」。
事件から14年が過ぎた平成14年、新たな誘拐事件が発生。犯人は「サトウ」と名乗り、身代金2000万円を用意してスーツケースに入れ、父親に車で運ばせるなど、事件は「ロクヨン」をなぞっていたが……。
後編は原作とは異なるラストへと向かっていく。

サブイボマスク


元「FUNKY MONKEY BABYS」のファンキー加藤が映画初主演を果たし、地元商店街に活気を取り戻すべく奔走する熱血青年を演じたハートフルコメディ。

地方都市・道半町の商店街の人々に囲まれながら育った青年団員の春雄。
しかし現在、商店街は巨大ショッピングモールに客を奪われ、人々はすっかり元気を失っていた。
そこで春雄は、熱い思いを込めた自作の応援歌で皆を励まそうと路上ライブを開催。
しかし盛り上がってくれるのは幼なじみで自閉症の権助だけで、元カノの雪にも呆れられてしまう。そんなある日、春雄は覆面レスラーとして活躍した父の形見であるマスクを被って歌うことを思いつく。
純粋な心を持つ権助役を小池徹平、元カノでシングルマザーの雪役を平愛梨がそれぞれ演じる。
監督は「ホテルコパン」の門馬直人。

Posted by T・ジョイ長岡

映画 『64‐ロクヨン‐前編/後編』

ロクヨン
(C)2016映画「64」製作委員会
64
(C)2016映画「64」製作委員会

Posted by 映画『64‐ロクヨン‐前編/後編』公式サイト