シンポジウム「白菊とフェニックス 今、長岡花火を語る」開催


シンポジウム「白菊とフェニックス 今、長岡花火を語る」開催

戦後70年の節目である今年、慰霊の花火である白菊と、復興祈願花火フェニックスについて語るシンポジウムを開催します。
長岡空襲を体験された金子登美さんや、花火師・嘉瀬誠次さんの半生を描いた「白菊」の著者・山崎まゆみさんなど長岡花火と関わりの深いパネリストの方々が、今だからこそ伝えたい長岡花火の心を熱く語ります。
つきましては、下記のとおりお知らせしますので、ぜひ取材くださるようお願いいたします。

シンポジウム「白菊とフェニックス 今、長岡花火を語る」

日時

2015年1月24日(土) 午後1時30分~3時30分

会場

アオーレ長岡 市民交流ホールA

パネリスト

藤井芳さん(長岡まつり協議会実行委員長)
樋口勝博さん(NPO法人復興支援ネットワーク・フェニックス代表理事)
金子登美さん(長岡戦災資料館運営ボランティア)
佐藤洋一さん(石巻商工会議所指導第一課長)
山崎まゆみさん(ノンフィクションライター、「白菊」著者)

その他

本シンポジウムはBSNテレビ特別番組「長岡花火のキセキ 白菊とフェニックス」(1月3日(土) 午後3時放送)の関連イベントです。

主催/BSN新潟放送
シンポジウム問合先:BSN新潟放送報道制作局情報センター
TEL:025(267)4111(大代表)
共催/長岡市・長岡まつり協議会

Posted by 長岡市ウェブサイト