長岡市三ツ郷屋の死亡ひき逃げ事件で会社員の男を逮捕


長岡の死亡ひき逃げ事件で会社員の男を逮捕 | TeNYテレビ新潟

長岡市で7月7日未明に起きた死亡ひき逃げ事件で、新潟県警は9日未明、現場の近くに住む会社員の男を逮捕した。

ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは長岡市三ツ郷屋の会社員・容疑者(38)。
容疑者は今月7日の午前1時前、自宅がある町内の長岡市三ツ郷屋の市道で普通乗用車を運転中、病院職員の鈴木暁史さん(36)をはね、そのまま逃げた疑いが持たれている。

鈴木さんは約1時間後に、死亡が確認された。
警察は現場に残された車の部品や事件発生当時に現場付近を走っていたタクシーのドライブレコーダーの映像などから容疑者の車を割り出し、9日午前0時過ぎ、容疑者を逮捕した。

容疑者は「自宅に向かうため現場を通ったが、人をひいたことについては身に覚えがない」と容疑を否認している。

Posted by TeNYテレビ新潟 2016/7/9 16:36