交通死亡事故シャットアウト緊急対策 長岡警察署


交通死亡事故シャットアウト緊急対策 | 長岡市ウェブサイト

交通死亡事故シャットアウト緊急対策

長岡警察署では、7月7日(木)、10日(日)と2件連続して交通死亡事故が発生したため、
7月11日(月)から31日(日)までの間、「交通死亡事故シャットアウト緊急対策」を実施します。

期間

2016年7月11日(月)~2016年7月31日(日)

運転者の皆さんへ

交通事故原因の多くは、脇見などの前方不注視です。
常に前方には自転車や歩行者などがいるものと思い、安全確認をしっかり行いましょう。

安全速度と制限速度は同じではありません。
交通状況をしっかり判断して、予測される危険だけでなく、隠れている危険が現れても、交通事故を回避することが可能な安全速度を保つことが大切です。

薄暗くなったと感じたら、早めのライト点灯を心がけ、歩行者の早期発見に努めましょう。

歩行者の皆さんへ

青信号であっても、左右の確認を徹底し、車が確実に止まったことを確認してから横断歩道を渡りましょう。

暗くなってからの外出はなるべく避け、やむを得ず外出する場合は、明るい服装と反射材を身につけましょう。

歩行者は歩道が原則です。
やむを得ず車道を歩く場合は、車道の右側を歩き、車に十分注意しましょう。

交通死亡事故発生

・2016年7月7日(木) 午前0時45分頃、長岡市三ツ郷屋地内の市道で、38歳男性運転の普通乗用車が、36歳男性歩行者と衝突し、歩行者の男性が死亡。

・2016年7月10日(日) 午前9時50分頃、長岡市成沢町地内の市道で、84歳女性運転の自動二輪車が、21歳女性運転の軽乗用車と衝突し、自動二輪車の女性が死亡。

・2016年7月10日(日) 午後3時48分頃、長岡市中永地内の国道で、21歳男性運転の軽乗用車が、57歳男性運転の軽貨物車と正面衝突し、軽貨物車に同乗の66歳男性が死亡。

Posted by 長岡市ウェブサイト