吐水口やシャワーからの湯水の出がわるい 解決方法は?


吐水口やシャワーからの湯水の出がわるい | 株式会社LIXIL

lixilシャワー
「なんだか湯水の出が悪い…」。その原因、実は意外なところにあるのかもしれません。
そのひとつは、給湯器の温度設定。
もうひとつは、ストレーナーのゴミ詰まり。
さらに、ほかのパーツのお手入れで解決できる場合もあります。

給湯器の温度設定を確認しましょう

給湯器の給湯温度が50~60℃で設定されているかを確かめ、設定されていないときは、50~60℃に設定してください。
⇒サーモスタット混合水栓は構造上、必要とする温度の+10℃高めの給湯器温度設定が必要です。
 給湯器の温度設定が低い場合は湯の量が減り、湯水の出が悪くなります。

「ストレーナー」にゴミが詰まっていないか確認しましょう

ストレーナーにゴミが詰まっているときは、ゴミを取り除いてください。
※同梱の取扱説明書がある場合は、そちらをご覧になり掃除をしてください。

注意

ストレーナーの掃除をする際は、ストレーナーを暖める前に、必ず流量調節栓を閉めてから行ってください。
※閉じずに作業を行うと湯・水が噴出してヤケドをしたり、家財などを濡らす財産損害発生の恐れがあります。

シャワーの水の出が悪い場合は「散水板」にゴミが詰まっていないか確認しましょう

シャワーの水の出が悪いのは・・・

シャワーの散水板には小さい穴がたくさん開いています。
この散水板の穴にゴミが詰まった場合、水の出が悪くなります。
ゴミが詰まっているときは、ゴミを取り除いてください。

散水板の掃除

散水板部の汚れや目詰まりは流量や水切れ性の低下を招く原因になります。
いつまでも快適にお使いいただくために、ときどきシャワーの穴を安全ピンなどで刺して、目詰まりを取り除いてください。
※シャワーヘッドに同梱の取扱説明書がある場合は、そちらをご覧になり散水板の掃除をしてください。
【注意】
・安全ピンは無理に奥まで挿入しないでください。※中の部分が破損する恐れがあります。
・強い力で刺さないでください。※散水穴が変形する恐れがあります。
・メッキ表面を刺さないでください。※メッキ表面にキズがつく恐れがあります。

注)ゴム製の散水板の場合

ゴムの先端を指でこすって、目詰まりを取ります。
【注意】
・強く引っ張らないでください。 ※ゴムが切れることがあります。

吐水口の水の出が悪い場合は「整流口」にゴミが詰まっていないか確認しましょう

吐水口の水の出が悪いのは・・・

水栓の水が出る部分には水の流れを整えるために、目の細かい整流口が組込んであります。
この整流口にゴミが詰まった場合、水の出が悪くなりますので、ゴミが詰まっているときは、ゴミを取り除いてください。
※整流口を外して網の清掃ができる水栓の機種は限られます。
※整流口の掃除方法は取扱説明書をご参照ください。

Posted by 株式会社LIXIL