北陸新幹線騒音 上越市と糸魚川市の4割で基準超


北陸新幹線騒音4割で基準超 | BSN NEWS

北陸新幹線沿線の上越市と糸魚川市では騒音調査をした世帯の4割で環境基準を超えていることがわかりました。

新幹線の騒音について環境省は住宅地で70デシベル以下商工業地で75デシベル以下という環境基準を設定しています。

鉄道・運輸機構がそれぞれの自治体に伝えた結果によりますと、上越市では調査220世帯のおよそ4割、糸魚川市でも調査世帯580世帯のおよそ4割で環境基準を超えていることがわかりました。

機構では騒音が基準を上回った世帯に対して防音工事費用を助成する方針です。

Posted by BSN NEWS 2016年09月28日(水) 11:40