「ながおか町口御門」 長岡市再開発ビル完成


長岡市中心部の再開発ビル完成 | NHK新潟県のニュース

中心市街地の再開発を図るためJR長岡駅前で建設が進められていた、社会福祉センターや有料老人ホームなどが入る複合ビルが完成し、11日、竣工式が行われました。

完成したのは、再開発事業が進められている表町西地区の複合ビル「ながおか町口御門」で、11日は、関係者90人余りが神事を行うなどして祝いました。
ビルは、地上14階、地下1階からなり、JR長岡駅前の古くからの商店が建ち並ぶ大手通り沿いに立地しています。

入居する各施設については公開されませんでしたが、長岡市によりますと、現在は長岡駅から少し離れた場所にある、ボランティア団体や障害者団体などが活動する「社会福祉センター」が移転し、来月1日から運用を始めることになっているほか、有料老人ホームや分譲マンション、それに学習塾などの施設も入る予定だということです。

地区の権利者でつくる組合の藤井良治理事長は「施設が完成し、本当に喜んでいます。社会福祉センターは、合併地域などからも広域的に利用されるはずなので、まちのにぎわいにつながると期待しています」と話していました。

NHK新潟県のニュース:2016年10月11日15時38分

Posted by NHK新潟県のニュース