磯田市長 就任にあたっての職員への話


市長就任にあたっての職員への話(2016年10月17日) | 長岡市ウェブサイト

市民の声に耳を傾けて

選挙で色々なことを勉強させていただきました。
その中で、私は市民の皆さんとともに考え、ともに行動し、市役所の仕事のやり方を変えたいと訴えてきました。
市民の皆さんの声に耳を傾け、市民の皆さんと話し合い、考え、行動することは当たり前のことですが、それが市民の皆さんの心に届いたという実感を持っています。

そういう意味で、ぜひ皆さんからは、市民の皆さんのところに出向いて、膝詰めで話して欲しいと思います。
市役所からできるだけ外に出て、市民の皆さんと語り合い、何をしていったらいいのかを一緒に考えて欲しいのです。
それを、課の中、部の中、庁議の中、そして私へのレクチャーの中で話してください。
そうすることによって、市役所は変わり、長岡は変わると思っています。

失敗を恐れない新しいチャレンジが必要

長岡市には、今まで、小林孝平元市長、日浦晴三郎元市長、そして森民夫前市長の積み上げてきたいい政策がたくさんあります。
そういうものはきちんと引き継ぎながら、今までとは違う、新しい政策をやらなければならないと思っています。
これから新しい長岡市をスタートさせる想いで、市政を運営していきたいと考えています。
そういう意味では、国からの財源の問題がどうであろうと、失敗を恐れない新しいチャレンジが必要です。
ぜひ、新しい政策を皆さんの中から考えて欲しいですし、私も皆さんにお願いしたい政策がありますので、皆さんとコミュニケーションをとって、自由闊達な議論を行いたいと思います。
皆さんも部、課、係などの職場において、そして市民との自由闊達な議論をお願いします。
長岡市民の幸福のために、明るく活気のある長岡を作っていきましょう。

磯田市長 任期期間

2016年10月16日~2020年10月15日の4年間

市長プロフィール

・氏名:磯田 達伸(いそだ たつのぶ)
・生年月日:昭和26年10月1日

Posted by 長岡市ウェブサイト

長岡市長選挙2016

10月17日(月)磯田達伸市長が就任 アオーレ長岡にて長岡市長記者会見
【内容】
1.市長就任にあたって
2.中越と熊本の経験を活かし、長岡モデルの「官民協働による防災力強化」に取り組み
3.中越大震災から12年。追悼、感謝、応援の想いを込めて市民主体のイベントに市長が参加
10月17日(月)長岡市長選 初当選の磯田達伸氏が初登庁
10月16日(日)長岡市長選挙(2016年10月16日 執行。定数:1人 立候補者数:3人)
・磯田達伸 無所属 新 63,969 当選
・藤井盛光 無所属 新 31,529
・小熊正志 無所属 新 37,879

最終有権者数:230,302人
投票者数計:136,742(男性:66,549、女性:70,193)
投票率:59.38%
10月16日(日)長岡市長選 磯田達伸氏が初当選
10月8日(土)長岡市長選挙は8日告示され、届け出順に
前副市長の磯田達伸氏、元市議会議員の藤井盛光氏、元市議会議長の小熊正志氏のいずれも無所属の新人3人。
10月8日(土)議員辞職に伴う市議補選(欠員1)は、無所属の新人で出版社社員の荒木法子氏(34)だけが届け出、
荒木氏の無投票当選が決まった。
10月1日(土)立候補予定者3氏(藤井氏・小熊氏・磯田氏)による公開討論会(長岡青年会議所主催)
9月9日(金)長岡市長選挙の立候補予定者説明会 さいわいプラザ 6階大会議室
9月7日(水)森民夫長岡市長が退職(2016年9月6日付け)したことに伴い、
髙見真二長岡市副市長が市長の職務を代理(2016年9月7日~市長当選告示の前日)。
9月6日(火)長岡市長選挙と長岡市議会議員補欠選挙(10月9日告示、10月16日投開票)に決定
8月30日(火)長岡市長選挙(10月9日告示、10月16日投開票)に内定
長岡市は10月16日、新潟県知事選、市長選、市議補選のトリプル選挙選挙
8月30日(火)長岡副市長の磯田達伸(64)が長岡市長選挙に無所属で立候補を正式表明
8月29日(月)森民夫長岡市長が「退職願」提出。新潟県知事選へ出馬
8月22日(月)自民党の小熊正志(66)長岡市議が長岡市長選挙に立候補を正式表明
8月17日(水)元市議の藤井盛光氏(38)が長岡市長選挙に無所属で立候補を正式表明
8月10日(水)森民夫長岡市長が新潟県知事選挙(9月29日告示、10月16日投開票)に立候補を正式表明