中越大渋滞・豪雪対策 国とNEXCO初合同訓練


豪雪対策 国とNEXCO初合同訓練 | BSN NEWS

今年1月、大雪の影響で長岡市や三条市の北陸道や国道8号が大渋滞しました。

こうした事態を受け、国土交通省が管轄する国道事務所の除雪車が高速道路の除雪を応援する全国初の訓練が行われました。
今年1月に降った大雪により最大10キロにわたって続いた国道8号の大渋滞。

この渋滞を検証した結果、長岡国道事務所やNEXCO東日本などがそれぞれの担当道路だけを除雪していたことが課題の一つにあげられていました。

訓練はNEXCO東日本の要請を受け、国道事務所の除雪車が高速道路の除雪にはいるという全国でも初めての取り組みです。
しかし、料金所のゲート通過に慣れていないためか、2度も車体をこすってしまいました。

国道事務所は「今回ちょっとトラブルもありましたが、机上の訓練だけでは分からなかったこともあった」と初めての合同訓練の意義を強調しました。

この他、料金所の前でUターンの確認なども行われた今回の訓練。
担当者は万全を期して冬に備えたいと話していました。

BSN:2016年10月26日(水) 20:23

Posted by BSN NEWS