鳥インフルエンザ 31万羽処分は、3100人態勢で4日余りか 新潟県関川村


鳥インフルエンザで31万羽処分へ | NHK新潟県のニュース

関川村の養鶏場で28日、ニワトリ数十羽が死んでいるのがみつかりH5型の鳥インフルエンザウィルスが検出されました。

病原性が強い高病原性の可能性が高いとみられ周辺10キロついて新潟県は鳥や卵の移動制限や搬出を制限しています。

処分作業は、のべ3100人態勢で行われ、31万羽すべてを処分するには4日間ほどかかる見通しです。

農林水産省の調査チームが農場に入り、状況を調べています。

Posted by BSN NEWS 2016年11月29日(火) 11:45