戦艦ミズーリ記念館に「長岡の花火」を贈呈 平和への願いと日米の絆をさらに深める


ミズーリに「長岡の花火」を贈呈 | 長岡市

2016年12月6日正午(日本時間7日午後5時)、磯田市長はハワイ・真珠湾にある戦艦ミズーリ記念館を訪れ、零(ゼロ)戦の破片を寄贈いただいたお礼として、山下清の貼り絵「長岡の花火」のリトグラフを渡しました。

マイケル・カー理事長は感激し「長岡の花火の説明をきちんと付けて、多くの来館者に見てもらえる場所に飾ります」と語りました。

★10月、戦艦ミズーリ記念館から長岡市に、零式艦上戦闘機(零戦)の翼の破片をいただきました。
長岡市とホノルル市の青少年平和交流や、太平洋戦争関連施設3館(戦艦ミズーリ記念館、アリゾナ記念館、太平洋航空博物館) と長岡戦災資料館、山本五十六記念館の5館の平和の取り組みに、戦艦ミズーリ記念館が深い理解をいただいたことによるものです。

破片は長岡戦災資料館の5館交換展示コーナーで、日米の恒久平和の願いと両国の絆の象徴として、青少年の平和学習などに活用しています。

慰霊の花火「白菊」の写真もプレゼント

カー理事長も昨年8月の平和交流記念事業で白菊の打ち上げを見たこと、白菊に込められた思いをご存じで、感銘を受けたと話してくれました。

学生平和交流プログラム

学生平和交流プログラムでホノルルを訪れた、長岡の高校生・大学生も5日(日本時間6日)に見学。
戦艦ミズーリに特攻した零戦隊員を、米軍が同じ人間として敬意を表して水葬した当時の話に聞き入る姿が見られました。

戦艦ミズーリ記念館

ミズーリには特攻隊員の家族に宛てた手紙や写真などの資料が展示されています。
同世代の若者のそれぞれの境遇を目の当たりにし「心が締めつけられた」と。

コールドウェル市長を初訪問

6日午後は、姉妹都市・ホノルル市のコールドウェル市長を初めて訪問も。
コールドウェル市長は「たくさんの姉妹都市がありますが、長岡市と一番強い絆で結ばれています」と述べ、磯田市長も「さらに友好を深めていきましょう」と、姉妹都市交流を今後ますます進めることを確認しました

栃尾おりなす製のアロハシャツをプレゼント。花火のデザインをとても喜んでくれました。

Posted by 長岡市 2016年12月10日 14:33