妙高署の23歳男性巡査が拳銃自殺


妙高署の男性巡査が拳銃自殺 | BSN NEWS

18日午前10時半すぎ、妙高市下町の妙高署下町交番の2階トイレ内で、同署地域課の男性巡査(23)が頭から血を流しているのを同僚の警察官が発見した。

巡査は上越市内の病院に運ばれたが、頭部外傷で死亡。

巡査の足元に拳銃が落ちていたことから、県警は巡査が自殺したとみて調べている。

Posted by BSN NEWS 2016年12月18日(日) 20:15