花火製造会社 イケブンの社長死亡、爆発事故で全身熱傷


イケブンの池谷光晴社長

日本トップクラスの花火師である、イケブン社長の池谷光晴さんが爆発事故で12月20日に亡くなりました。享年52歳。

いつかイケブンさんの花火を長岡で見たいと思っていた花火師です。

花火の発展や進歩に邁進し、特に最新の花火に多い時差式発光花火技術のトレンドの先駆者でもあり第一人者の一人と言えます。

池谷光晴さんのご逝去の報に接し、心から哀悼の意を捧げます。

花火製造会社の社長死亡 藤枝、爆発事故で全身熱傷 | 産経ニュース

藤枝署は20日、藤枝市寺島の花火製造販売業「イケブン」寺島工場で12日に起きた爆発事故で全身やけどを負い、重体となっていた同社社長の池谷光晴さん(52)=同市築地=が、搬送先の病院で死亡したと発表した。
死因は熱傷だった。
同署によると、事故当時池谷さんと従業員の女性(43)の2人はテント内で作業をしており、何らかの原因で火薬に引火したとみられる。
同署は業務上過失傷害の疑いもあるとみて、同社の安全管理体制についても調べている。
Posted by 産経ニュース 2016/12/21 07:35