糸魚川大火 生活再建に向け被災証明書を発行


糸糸魚川大火 生活再建に向け被災証明書を発行 | UX新潟テレビ21

糸魚川市の大規模火災で市は25日から被災した市民への証明書の発行を始めました。

今回の火災では、144棟の家屋が焼け、そのうち全焼は120棟にのぼります。
糸魚川市役所では火災保険の手続きや融資の申請などに必要な被災証明書の発行が午前9時半から始まり、多くの被災した市民が訪れました。

25日は144棟中94棟分の届け出があったということです。
26日以降も被災者であることを証明できれば、発行を受けることができます。
また、糸魚川市は今週半ばにも被災者を集め今後の対応を説明したいとしています。

Posted by UX新潟テレビ21 2016.12.25