小国小学校 2016年4月開校に向け準備着々


小国地域では2017年4月の小国小学校開校に向け、準備着々 | 長岡市ウェブサイト

六日市地区より1年早く統合が決まった小国地域では、上小国小学校、渋海小学校、下小国小学校の3校が、平成29年4月の開校に向けて準備を進めています。
新たに小国小学校として、現在の渋海小学校の校舎を使用し開校します。

平成28年10月から11月にかけて3校それぞれで閉校記念式典を開催。
地域住民と共に学び舎への感謝を込めて合唱や学習の成果発表を行いました。

小国小学校の校章と校歌も完成。
12月6日には、校章をデザインした児童が通う下小国小学校で、住民からなる小国地域小学校統合協議会が各制作者に感謝状を贈呈。
校章と校歌をお披露目しました。

小国小の校章と校歌

小国小の校章

校章デザインは、地域住民やゆかりのある人から公募で寄せられた193点から選ばれました。
3校の校章の特徴が組み合わされています。
・上小国小:山のイメージの3つの重なり
・渋海小:イチョウの葉
・下小国小:ペン先

校章をデザインした下小国小学校6年・髙橋剣心(けんしん)さん
『どの小学校のみんなも、自分たちの校章が好きだと思うので、3つを組み合わせました。この校章みたいに、みんなが仲良くして楽しく過ごしてほしいです。自分のデザインがこれから先ずっと使われると思うと、とてもうれしいです。』

小国小の校歌

校歌は、県内の学校の校歌制作に携わる市内在住の今成満さん(十日町市立貝野小学校教頭)が作詞・作曲。
児童・保護者などへのアンケートを基に小国の自然・文化、住民の願いが織り込まれた歌詞で、親しまれやすい曲となりました。
12月6日、今成さんの指揮で下小国小児童がお披露目しました。
開校に向け、今後各校で練習します。

Posted by 長岡市ウェブサイト