日立製作所、米ファンドKKRに日立工機売却で最終調整 非中核事業を整理


日立、米ファンドKKRに日立工機売却で最終調整 非中核事業を整理 | 産経ニュース

日立製作所が電動工具子会社の日立工機を、米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)への売却で最終調整していることが28日、わかった。
売却額は1500億円を超えるとみられる。
社会インフラやIT(情報通信)などの中核事業に経営資源を集中する一方、非中核事業の整理を進め、収益力を引き上げる。

日立製作所は日立工機株売却の入札を行い、KKRに優先交渉権を与える方向で調整しているもよう。来月にも正式合意する。

日立工機は東証1部上場で、昨年度(2016年3月期)の業績は売上高1415億円、最終利益10億円。グループで5割以上の株式を保有する日立製作所が、中核事業へのシフトを進める中で、相乗効果が薄いと判断した。
ほかにも、子会社の日立国際電気の半導体製造装置事業の売却も検討している。

Posted by 産経ニュース 2016年12月28日