『沈黙-サイレンス-』1月21日(土) 公開予定映画 T・ジョイ長岡


2017年1月21日(土) 公開予定映画 | T・ジョイ長岡

・沈黙-サイレンス-
・新宿スワンⅡ
・ザ・コンサルタント

沈黙-サイレンス-


遠藤周作の小説「沈黙」を、「ディパーテッド」「タクシードライバー」の巨匠マーティン・スコセッシが映画化したヒューマンドラマ。

キリシタンの弾圧が行われていた江戸初期の日本に渡ってきたポルトガル人宣教師の目を通し、人間にとって大切なものか、人間の弱さとは何かを描き出した。
17世紀、キリスト教が禁じられた日本で棄教したとされる師の真相を確かめるため、日本を目指す若き宣教師のロドリゴとガルペ。
2人は旅の途上のマカオで出会ったキチジローという日本人を案内役に、やがて長崎へとたどり着き、厳しい弾圧を受けながら自らの信仰心と向き合っていく。

スコセッシが1988年に原作を読んで以来、28年をかけて映画化にこぎつけた念願の企画で、主人公ロドリゴ役を「アメイジング・スパイダーマン」のアンドリュー・ガーフィールドが演じた。
そのほか「シンドラーのリスト」のリーアム・ニーソン、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のアダム・ドライバーらが共演。
キチジロー役の窪塚洋介をはじめ、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシといった日本人キャストが出演する。

スタッフ

・監督:マーティン・スコセッシ
・製作
 マーティン・スコセッシ
 エマ・ティリンガー・コスコフ
 ランドール・エメット
 バーバラ・デ・フィーナ

キャスト

・アンドリュー・ガーフィールド:ロドリゴ
アダム・ドライバー:ガルペ
浅野忠信:通辞
キアラン・ハインズ
リーアム・ニーソン:フェレイラ

作品データ

・劇場公開日:2017年1月21日
・原題:Silence
・製作年:2016年
・製作国:アメリカ
・配給:KADOKAWA

新宿スワンⅡ

「ヤングマガジン」連載の和久井健による人気コミックを、「ヒミズ」「地獄でなぜ悪い」の園子温監督のメガホン、綾野剛の主演で実写映画化した「新宿スワン」の続編。
前作から引き続き出演の伊勢谷友介、新キャストの浅野忠信、広瀬アリス、椎名桔平らの共演により、新宿歌舞伎町のスカウトマンたちの新たなる野望と戦いが描かれる。

スカウト会社「新宿バースト」のエース格へと成長した白鳥龍彦は、幹部の関玄介とともに横浜へと送り込まれる。
社長・山城は「バースト」の横浜進出を目論んでいたが、タキと呼ばれる男が牛耳る横浜は、逆に新宿を飲み込もうと徹底抗戦の構えで対抗。
新宿と横浜は全面戦争へと突入していく。

プロデューサーは「クローズ」シリーズの山本又一朗。「るろうに剣心」シリーズの谷垣健治がアクション監督として参加。

スタッフ

・監督:園子温
・原作:和久井健
・脚本:水島力也
・プロデューサー:山本又一朗
・企画:古川公平

キャスト

・綾野剛:白鳥龍彦
・浅野忠信:滝マサキ
・伊勢谷友介:真虎
・深水元基:関玄介
・金子ノブアキ:葉山豊

作品データ

・劇場公開日:2017年1月21日
・製作年:2017年
・製作国:日本
・配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
・上映時間:133分
・映倫区分:G

ザ・コンサルタント

「アルゴ」のベン・アフレックが、凄腕の殺し屋の顔を持つ謎の会計士を演じたサスペンスアクション。

田舎町のしがない会計士クリスチャン・ウルフには、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切り、年収10億円を稼ぎ出す命中率100%のスナイパーというもう一つの顔があった。
そんなウルフにある日、大企業からの財務調査の依頼が舞い込んだ。
ウルフは重大な不正を見つけるが、その依頼はなぜか一方的に打ち切られ、その日からウルフは何者かに命を狙われるようになる。

アフレックが主人公ウルフを演じるほか、「マイレージ、マイライフ」のアナ・ケンドリック、「セッション」のJ・K・シモンズらが出演。
監督は「ウォーリアー」「ジェーン」などを手がけたギャビン・オコナー。

スタッフ

・監督:ギャビン・オコナー
・製作:
 マーク・ウィリアムズ
 リネット・ハウエル・テイラー
・製作総指揮:
 ギャビン・オコナー
 ジェイミー・パトリコフ

キャスト

・ベン・アフレック:クリスチャン・ウルフ
・アナ・ケンドリック:デイナ・カミングス
・J・K・シモンズ:レイモンド・キング
・ジョン・バーンサル:ブラクストン
・ジョン・リスゴー:ラマー・ブラックバーン

作品データ

・劇場公開日:2017年1月21日
・原題:The Accountant
・製作年:2016年
・製作国:アメリカ
・配給:ワーナー・ブラザース映画
・上映時間:131分
・映倫区分:G

Posted by T・ジョイ長岡