糸魚川大火 がれき撤去費用の住民負担ゼロに


糸魚川市 がれき撤去費用の住民負担ゼロに | UX新潟テレビ21

大規模火災があった糸魚川市はがれき撤去の費用について住民負担をなくす方針を決めました。
がれきの撤去の費用について糸魚川市は当初、土地所有者が最大2割を負担する方針を示していました。

その後、国と調整した結果、国が9割、市が1割負担し住民の負担をなくすことを決めました。

また2月1日付けで復旧復興を担当する副市長が着任するとともに、専属で復興業務を行う復興推進課も新たに設置するなど、復旧復興に向けた体制の強化をはかります。

Posted by UX新潟テレビ21 2017.01.12