【予想】第40回日本アカデミー賞2017 最優秀賞 各賞の予想


【予想】第40回日本アカデミー賞2017 最優秀賞 各賞の予想(2017年1月16日)

・最優秀賞は、2017年3月3日に行われる授賞式にて発表
※日本アカデミー賞は、2015年12月16日~2016年12月15日に公開され、選考基準を満たした作品が対象

最優秀賞作品賞 予想

・「シン・ゴジラ
(優秀作品賞:「怒り」「家族はつらいよ」「シン・ゴジラ」「湯を沸かすほどの熱い愛」「64-ロクヨン-前編」)

「シン・ゴジラ」と「湯を沸かすほどの熱い愛」と「64-ロクヨン-前編」から選ばれるのではないでしょうか。
「64-ロクヨン-前編」は、前・後編を分けるのなら投票システム的に票が割れるので厳しいのではないでしょうか(後編に入れる人はいないのかも)。
「家族はつらいよ」がノミネートされていたのは意外でした。
脚本賞を受賞した作品が最優秀作品賞を取る事が非常に多いのですが「シン・ゴジラ」のみが脚本賞にノミネートされていない結果がどうなるか楽しみです。

最優秀アニメーション作品賞 予想

・「君の名は。
(優秀作品賞:「君の名は。」「聲の形」「この世界の片隅に」「ルドルフとイッパイアッテナ」「ONE PIECE FILM GOLD」)

今年はアニメ映画レベルの高い年でした。特に「この世界の片隅に」「君の名は。」「聲の形」は良い作品です。
個人的には数々の映画賞を受賞している「この世界の片隅に」が一番良かったですし受賞してほしいのですが、配給会社の兼ね合い等も考慮すると、大ヒットしたアニメ作品が受賞する傾向が高いので「君の名は。」を予想します。

最優秀外国作品賞 予想

・「ハドソン川の奇跡
(優秀作品賞:「オデッセイ」「ズートピア」「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」「ハドソン川の奇跡」「レヴェナント:蘇えりし者」)

優秀外国作品賞は毎年の事ですが、街頭インタビュー結果やレンタルビデオ屋のランキングのようです。
予想は、「ハドソン川の奇跡」で2016年で一番良かった非常に優秀な作品です。
次点は「レヴェナント:蘇えりし者」です。映像が非常に綺麗で、レオナルド・ディカプリオがアカデミー賞(R)主演男優賞を受賞する渾身の演技ですが、ストーリー性が弱いので「ハドソン川の奇跡」で堅いと思います。
他の3作品はつまらない作品ではないですが、大衆娯楽映画でノミネートされたことが疑問です。

最優秀監督賞 予想

庵野秀明(総監督)/樋口真嗣(監督)「シン・ゴジラ」
(優秀監督賞:庵野秀明(総監督)/樋口真嗣(監督)「シン・ゴジラ」、新海誠「君の名は。」、瀬々敬久「64-ロクヨン-前編」、中野量太「湯を沸かすほどの熱い愛」、李相日「怒り」)

「シン・ゴジラ」の庵野秀明(総監督)/樋口真嗣(監督)と「君の名は。」の新海誠監督の一騎打ちと予想します。

最優秀主演男優賞 予想

佐藤浩市「64-ロクヨン-前編」
(優秀主演男優賞:綾野剛「日本で一番悪い奴ら」、岡田准一「海賊とよばれた男」、佐藤浩市「64-ロクヨン-前編」、長谷川博己「シン・ゴジラ」、松山ケンイチ「聖の青春」)

綾野剛さんと佐藤浩市さんの争いだと予想します。
2部作は前編と後編を分けると票が割れる(?)のでシステム的に疑問ですが、
記者の役者達が束になっても佐藤浩市さん一人の演技に敵わなく、深みのある骨太な「The 主役演技」を演じた佐藤浩市さんを予想します。

最優秀主演女優賞 予想

宮沢りえ「湯を沸かすほどの熱い愛」
(優秀主演女優賞:大竹しのぶ「後妻業の女」、黒木華「リップヴァンウィンクルの花嫁」、広瀬すず「ちはやふる-上の句-」、宮崎あおい「怒り」、宮沢りえ「湯を沸かすほどの熱い愛」)

アカデミー賞に強い、宮沢りえさんと黒木華さんの争いになると予想します。
広瀬すずさん主演の「ちはやふる」は「64-ロクヨン-」と同じで前・後編を分けるのなら票が割れるので選ばれるのは難しいのではないでしょうか。
「怒り」は、宮崎あおいさんと広瀬すずさんの主演と助演の定義が曖昧なので票は伸びないのでは。(「怒り」のキャスト欄は広瀬すずさんの名前が先。正伝は沖縄編で広瀬すずさん、宮崎あおいさんが出演している千葉編は外伝)

最優秀助演俳優賞 予想

竹原ピストル「永い言い訳」
(優秀助演俳優賞:竹原ピストル「永い言い訳」、妻夫木聡「怒り」、東出昌大「聖の青春」、森山未來「怒り」、リリー・フランキー「SCOOP!」)

竹原ピストルさんの演技は素晴らしかったですので予想します。

最優秀助演女優賞 予想

杉咲花「湯を沸かすほどの熱い愛」
(優秀助演女優賞:広瀬すず「怒り」、宮崎あおい「バースデーカード」、石原さとみ「シン・ゴジラ」、市川実日子「シン・ゴジラ」、杉咲花「湯を沸かすほどの熱い愛」)

「シン・ゴジラ」は、同じ作品から2名選出で票が割れていると予想して対象外です(片方しか選出しない場合でも厳しいと思います)。
広瀬すずさんの演技も素晴らしかったですが、「怒り」は助演ではなく主演な気もしますので票は伸びないのでは(「最優秀主演女優賞 予想」を参照)。
「湯を沸かすほどの熱い愛」で様々な境遇に対峙し、成長する難しい役どころを堂々と好演した杉咲花さんを予想します。

最優秀脚本賞 予想

新海誠「君の名は。」
(優秀脚本賞:新海誠「君の名は。」、中野量太「湯を沸かすほどの熱い愛」、久松真一/瀬々敬久「64−ロクヨン−前編」、山田洋次/平松恵美子「家族はつらいよ」、李相日「怒り」)

優秀作品賞と優秀脚本賞は同じ映画が選出される事多いですが、脚本賞では「シン・ゴジラ」が選出せずに「君の名は。」が選ばれています。
「家族はつらいよ」と「怒り」はないと思いますので、「君の名は。」と「湯を沸かすほどの熱い愛」の争いになると思います。

最優秀新人俳優賞 予想

杉咲花「湯を沸かすほどの熱い愛」
(新人俳優賞:杉咲花「湯を沸かすほどの熱い愛」、高畑充希「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」、橋本環奈「セーラー服と機関銃-卒業-」、岩田剛典「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」、坂口健太郎「64-前編-」「64-後編-」、佐久本宝「怒り」、千葉雄大「殿、利息でござる!」、真剣佑「ちはやふる-上の句-」「ちはやふる-下の句-」

今年も新人俳優賞は沢山選ばれました。
最優秀新人俳優賞の設定はなかったかもしれませんが予想はしたいと思います。
新人俳優賞は、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花さんで、優秀助演女優賞とW受賞と予想します。

総評

一時期に比べて一つの作品が各賞を総なめにする傾向が少なくなったので、予想は楽しくなりました。
ただ、外国作品賞のノミネートの質の低さと新人俳優賞の多数選出するシステムはどうにかならないのでしょうか。
新人俳優賞は演技力は殆ど関係なくメジャー事務所所属でメジャー関連・配給会社作品なら受賞できるので、せめて最優秀新人俳優賞を選出してほしいです。

独断と偏見で選ぶ個人的な最優秀賞2017

日本アカデミー最優秀賞の予想でなく、優秀賞の中から個人的に良かった作品や俳優です。
※()内の作品や俳優は日本アカデミー優秀賞以外からの選別

・最優秀賞作品賞:「シン・ゴジラ」(「オーバー・フェンス」)
・最優秀アニメーション作品賞:「この世界の片隅に」
・最優秀賞外国作品賞:「ハドソン川の奇跡」
・最優秀監督賞:庵野秀明(総監督)/樋口真嗣(監督)「シン・ゴジラ」
・最優秀主演男優賞:綾野剛「日本で一番悪い奴ら」(三浦友和『葛城事件」)
・最優秀主演女優賞:宮沢りえ『湯を沸かすほどの熱い愛』(蒼井優「オーバー・フェンス」)
・最優秀助演男優賞:竹原ピストル「永い言い訳」
・最優秀助演女優賞:杉咲花「湯を沸かすほどの熱い愛」
・最優秀脚本賞:中野量太「湯を沸かすほどの熱い愛」(高田亮「オーバー・フェンス」)
・新人俳優賞:杉咲花「湯を沸かすほどの熱い愛」(伊東蒼「湯を沸かすほどの熱い愛」)

放送日時

第40回日本アカデミー賞授賞式

・名称:第40回日本アカデミー賞授賞式
・放送日時:2017年3月3日(金) 21:00~22:54
・放送局:日本テレビ
・会場:グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール