いわて雪まつり2017 毎晩実施する予定の花火は最終日に限定


「いわて雪まつり」また規模縮小 積雪わずか15センチ、雪像12→4基に | 産経ニュース

「いわて雪まつり」(2月4~12日)が、今年も雪不足に泣かされそうだ。
会場の小岩井農場(岩手県雫石町)の積雪が15センチしかなく、実行委員会は呼び物である雪像の数を12基から4基に減らすなど規模縮小を決めた。

昨年は記録的な雪不足で雪像の制作を断念し、入場者は例年の3分の1に減少した。
今年は節目の50回目。記念イベント開催による巻き返しを狙っていただけに、関係者らは肩を落としている。

(中略)

一方、毎晩実施する予定だった花火は最終日に限定。
閉場時刻も午後9時から6時に繰り上げる(最終日を除く)。

(後略)

Posted by 産経ニュース 2017.1.25 10:40