日立工機 iFデザイン賞 5年連続 10 度目の受賞


5年連続 10度目の受賞 2017年ドイツ iFデザイン賞受賞 | 日立工機

受賞製品

コードレスロータリハンマドリル
(DH14DBL / DH18DBL / DH36DBL / DH18DBQL※ / DH36DBQL※ /DH18DBDL / DH36DBDL / DH18DBML※ / DH36DBML※)
※輸出専用モデル

受賞製品の特徴

・本製品は、ビットに打撃を与えながらコンクリート等の穴あけや破砕をする電動工具。
・高効率ブラシレスモーターと打撃機構の最適化により、国内でクラス最速※2の穿孔速度とクラス最大※2のハツリ能力を実現。(穿孔速度 ※3 約15%アップ、ハツリ量※3 約1.4倍)
・打撃部・重心位置とハンドルの位置関係を最適にするよう部品構成を見直し、操作性を向上 。
・6.0Ahリチウムイオン電池により、1 充電当りクラストップの作業量※4を実現。(1充電当たりの穴あけ作業(目安) 集じんシステム非装着時(36V):約 385 個(φ8.5×厚さ 40mm コンクリート))
・集じんシステムを取付けることで、コンクリートの粉塵からユーザーを保護。作業環境の改善にも寄与する製品である。

※2.2016年8月現在。国内電動工具メーカーにおいて。(日立工機社調べ)(36V クラスコードレスロータリハンマドリル)
※3.DH36DBDL(集じんシステム非装着時)と日立工機社従来品 DH 36DAL との比較。(コンクリートの硬さ等、条件により異なります)
※4.2016年8月現在。国内電動工具メーカーにおいて。(日立工機社調べ)(36V クラスコードレスロータリハンマドリル)

iFデザイン賞について

iF(アイエフ)デザイン賞は 1953年から近代デザイン発祥の地ドイツで始まった、世界で最も権威ある国際的な賞のひとつです。
iFデザイン賞の審査では、さまざまな分野の製品を対象に独創性や美しさといったデザイン面だけでなく、性能・使いやすさ・品質・価格・環境への配慮等といった商品価値の総合力が評価されます。

Posted by 日立工機 2017年3月1 日