長岡花火ブランド戦略プラン(行動計画)の詳細


長岡花火ブランド戦略プラン(行動計画) | 長岡まつり協議会

「長岡花火ブランド戦略プラン」( 行動計画 ) に掲げる4つの戦略に取り組みます。

戦略1.長岡まつり大花火大会のさらなる深化

長岡まつり協議会から運営を引き継ぎ、長岡まつり大花火大会を深化させます

長岡まつり大花火大会のプログラム構成のさらなる充実を図り、新たな長岡花火ファンやリピーターを獲得し、長岡花火に込められた物語や想いを多くの人に伝えていきます。大花火大会の花火打上げ業者で組織する長岡煙火協会との連携を図り、恵まれた打ち上げ環境を最大限に生かした多彩なプログラム展開や、名物花火のさらなる深化にも取り組みます。

また、これまで最優先で取り組んできた安全安心な受入れ体制についても、長岡花火ブランドとして、さらに磨き上げていくとともに、来場者の満足度を高めるおもてなしの向上を図ります。

さらに、年々増加する外国人観光客への対応や、2020 年東京オリンピック・パラリンピックの開催を見据え、外国人来場者の受入れ体制の整備を促進します。

戦略を支える主要な施策

・長岡まつり大花火大会のプログラム構成のさらなる充実
・長岡煙火協会との連携
・来場者に対する安全安心な受入れ体制の磨き上げとおもてなしの向上
・外国人来場者向けのガイドブックの作製や案内誘導表示の整備等

戦略2.長岡の誇りを伝える活動の強化

次世代を担う子どもたちに長岡花火に込められた想いを伝えます

また、年々増加するフェニックス花火打上げに係る募金活動や観覧席運営に携わる学生ボランティアの参加希望にしっかりと応えるための受入れ体制を作り、ボランティア活動を通じた人材育成を強化します。

さらに、子どもたちへの伝承活動の拠点として、長岡花火ブランドの情報発信拠点を整備します。

これまで NPO 法人ネットワーク・フェニックスと ( 一社 ) 長岡青年会議所が実施してきた小・中学生への長岡花火普及啓発事業「出張まちなか花火ミュージアム」や、市政出前講座を今後も強力に推進し、次世代を担う子どもたちに長岡花火の想いを伝えていきます。
合わせて、普及啓発用のコンテンツの充実を図ります。

戦略を支える主要な施策

・出張まちなか花火ミュージアム事業の推進強化
・市政出前講座の積極的推進
・普及啓発用コンテンツの制作
・学生ボランティアの受入れ拡大に向けた体制づくり
・長岡花火ブランドの情報発信拠点の整備(戦略3掲載事業)

戦略3.発信力の強化

長岡花火ブランドを全国、そして世界に向けて発信します

長岡花火ブランドの情報発信拠点を設置し、「花火のまち長岡」の積極的なPR展開を行います。

合わせて、長岡花火に込められた想いや物語を伝える PR コンテンツの充実を図ります。

また、合併地域の各花火大会と長岡花火との一体的なプロモーションを展開し、「花火のまち長岡」を全市的なシティブランドに育てます。

さらに、近年ますます重要視されている知的財産権を活用し、長岡花火のブランドイメージを守るとともに、各界の長岡花火ファンや長岡花火スポンサー等との連携による長岡花火ブランドの活用・発信を戦略的に展開します。

戦略を支える主要な施策

・長岡花火ブランドの情報発信拠点の設置
・PRコンテンツの制作
・合併地域の花火大会と長岡花火との一体的なプロモーション展開
・知的財産権を活用したブランドイメージの保護
・各界の長岡花火ファンや長岡花火スポンサー等との連携強化

戦略4.組織力の強化

組織力を強化し、長岡花火ブランドをしっかりと守り、高めていきます

長岡花火を取り巻く環境の変化にしっかりと対応し、持続可能な長岡花火ブランドにするために組織力の強化を進めます。

まず、長岡まつり大花火大会の来場者や事業規模の拡大に伴い、リスク管理の強化を図ります。

また、財団の基幹事業である長岡花火の年間を通じたプロモーション活動が積極的に展開できるように、新たな自主財源の確保など、経営基盤の強化に取り組みます。

さらに、専門的かつ継続的な事業展開を可能にするため、積極的にプロパー職員の採用を行うとともに、役員や職員向けの研修会を開催するなど、組織力の強化に向けた人材の育成に取り組みます。

戦略を支える主要な施策

・長岡まつり大花火大会のリスク管理の強化
・経営基盤の強化
・人材の育成

※財団の設立に伴い、「戦略4 組織力の強化」を改訂しました。

Posted by 「長岡花火」公式ウェブサイト