長岡造形大学の学生らが、長岡空襲描いた小説映像化


長岡空襲描いた小説映像化 | BSN NEWS

長岡造形大学の学生らが、上越市出身の広城京典さんの小説「願かけ桜」をモチーフにした映像作品を制作している。
本県を舞台に戦争によって引き裂かれた男女を描く小説の世界を、長岡空襲を経験した人が描いた絵やアニメーションを使って映像化。
12日にアオーレ長岡で開くイベントで披露する。

Posted by BSN新潟放送 2017年03月08日(水) 21:45