福島避難児童に『菌』発言 新潟市の小学校元担任に3カ月10%減給


避難児童に“菌”発言 元担任に3カ月10%減給 | UX新潟テレビ21

原発事故で福島から避難している小学生に対し担任の男性教師が名前に菌を付けて呼んだ問題で新潟市教育委員会は、男性教師を減給処分としました。

この問題では去年11月、新潟市内の小学校で、福島第一原発の影響で、避難している4年生の男子児童に対し男性担任が、名前に菌をつけて呼んでいました。
その後、児童は登校できない状態となり、20日間に渡り欠席。
男性教師はクラス担任から外されていました。

新潟市教育委員会は15日付で男性教師を、3カ月間、10%減給の懲戒処分にしています。
また、校長も管理監督責任があるとして訓告処分としています。
新潟市は「教職員の人権感覚の向上に向けた指導を徹底し、再発防止に努めていきます」とコメントしています。

Posted by UX新潟テレビ21 2017.03.15