みつけイングリッシュガーデンが8年目で来園者100万人を達成


みつけイングリッシュガーデンが来園者100万人を達成! | 産経ニュース

5月24日、みつけイングリッシュガーデンの来園者が100万人を突破しました。
100万人目の来園者に、桜保育園の園児から、みつけイングリッシュガーデンのお花でつくった花束と、見附の特産品が選べるカタログギフトが贈呈されました。

イングリッシュガーデンは、今年でオープンから8年目。
英国園芸研究家のケイ山田さんの監修のもと、本格的な英国庭園様式を採用した庭園は、市民ボランティアグループのナチュラルガーデンクラブが管理。
子どもからお年寄りまで幅広い世代が楽しめる空間となっています。
また、ガーデン内で育てられた花は市内の学校や公民館などにも届けられています。

(中略)

ガーデンが最も美しい時期に合わせ、今月27日から来月4日にはフラワーフェスティバルが開催されます。
お花のスワッグづくりやキャンドルづくりなどの催し物のほか、イングリッシュガーデンを監修したケイ山田さんによるガーデンツアーと植栽実演会も行われます。ぜひ、ご来場ください。

Posted by 見附市役所 2017年5月24日