大腸がん検診結果誤送付 磯田達伸長岡市長「責任は市にある」


大腸がん検診結果誤送付 長岡市市長「責任は市にある」 | 産経ニュース

長岡市は3日、市からの業務委託で長岡中央総合病院(同市川崎町)が実施した大腸がん検診をめぐり、受診者21人のうち2人に他人の検診結果が届くミスがあったと発表した。
磯田達伸市長は4日の記者会見で「最終責任は市にある。あってはならないことで申し訳ない」と陳謝した。

(中略)

再発防止に向け、磯田市長は「業務の委託先を含めて検証する」とした。

Posted by 産経ニュース 2017.7.5 07:01