長岡花火2017 報道発表


長岡花火 報道発表 2017年7月21日 |長岡花火財団

今年は、戦争により中断していた花火大会が復活して70年の節目となります。
先人が築き上げてきた数々の花火が、時代とともに進化し、多くの方々を魅了してきました。
長岡まつり大花火大会では、さらに深化を遂げ、新たなステージへと向かう長岡花火の数々をご覧いただきます。
また、全国からのお客様に、より安全・安心に観覧いただくため、当日は日本一の警備・案内誘導体制でお出迎えします。

ナイアガラ超大型スターマインは、長岡花火復活70年バージョンで打ち上げ

プログラムの冒頭に打ち上がるナイアガラ超大型スターマインは、花火製造会社から10号玉を提供いただき、長岡花火復活70年バージョンとして、さらに豪華に打ち上げます。
・時間:両日とも午後7時25分
・内容:大手大橋でのナイアガラと超大型スターマインのコラボレーション

フェニックス花火は、オリンピックをイメージした構成の特別バージョン

今年13年目を迎えるフェニックス花火は、「平和を改めて考え、次世代に伝える」をコンセプトに、世界規模の平和の祭典であるオリンピックをイメージし、五輪の輪を取り入れた花火構成で打ち上げます。
平原綾香さんの「Jupiter」に合わせ、約5分間、さらに進化を遂げたフェニックス花火をご覧いただきます。
・時間:両日とも午後8時15分
・規模:9カ所打ち上げ 開花幅約2km

名物「正三尺玉」は、3年連続・3連発で打ち上げ!

長岡花火復活から70年目の記念の年に、改めて、「慰霊」と「復興」、「平和への祈り」を込めて、「正三尺玉」を3連発で打ち上げます。

8月2日 正三尺玉3連発 時間:午後8時30分

1発目 昇天銀龍 銀冠菊(ショウテンギンリュウ ギンカムロギク)
2発目 昇り小花付 黄金大柳千輪(ノボリコバナツキ オウゴン オオヤナギセンリン)
3発目 昇り曲導付 黄金すだれ小割浮模様(ノボリキョクドウツキ オウゴンスダレコワリウキモヨウ)

8月3日 正三尺玉3連発 時間:午後8時30分

1発目 昇り小花付 銀閃冠(ノボリコバナツキ ギンセンカムロ)
2発目 昇り小花付 彩色千輪(ノボリコバナツキ サイショクセンリン)
3発目 昇り曲導付 黄金すだれ小割浮模様(ノボリキョクドウツキ オウゴンスダレコワリウキモヨウ)

※花火には、それぞれ玉名(ぎょくめい)といわれる花火玉の名称があります。この玉名は、打ち上げから開花、そして消えるまで変化する花火を表現しています。

Posted by 「長岡花火」公式ウェブサイト 長岡花火財団