行方不明の長岡市の中3男子 信濃川で遺体となって発見


行方不明の中3男子 遺体で見つかる(新潟県) | NNNニュース

長岡市で今月20日から行方不明になっていた男子中学生が、24日午前、燕市の信濃川の分水路で遺体となって発見された。
警察が詳しい死因などを調べている。

遺体で見つかったのは、長岡市に住む中学3年生・片桐悠馬さん(15)だ。

警察によると、24日午前9時15分ごろ、燕市大川津の信濃川から分かれた大河津分水路で、遺体がうつぶせの状態で浮いているのを、河川パトロール中の作業員が発見した。

片桐さんは今月20日の早朝から行方が分からなくなっていて、警察は信濃川沿いを捜索するとともに、情報提供を呼びかけていた。

発見された遺体の特徴が片桐さんに似ていることから、警察が身元の確認を急いでいたが、歯型などから片桐さんと断定した。

遺体には目立った外傷はないということで、警察が詳しい死因などを調べている。

Posted by TeNYテレビ新潟 8/24 20:30 テレビ新潟