移住希望先で新潟県が全国2位 10位から急浮上


移住希望先で新潟県が全国2位 | NHK 新潟県のニュース

昨年度・平成28年度に全国の自治体が受け付けた移住の相談件数のうち新潟県への移住を希望した件数が長野県に次いで全国で2番目に多かったことがわかりました。

総務省のまとめによりますと平成28年度に全国の自治体が受け付けた移住の相談件数は21万3469件と前の年度のおよそ1.5倍に増えています。
移住を希望する先を都道府県別にみますと1位は前の年度から引き続き長野県で、1万5021件、前の年度に10位だった新潟県は、前の年度の2.6倍の1万3246件で2位になりました。

3位は北海道で1万1794件4位は富山県で1万1787件5位は石川県で9099件などとなっています。
新潟県が市町村を通じて行ったアンケート調査結果では平成28年度には実際に移住してきた人も808人と前の年度の373人から大幅に増えているということです。

(後略)

Posted by NHKオンライン 9月04日 06時57分

移住の相談件数

1位:長野県(1万5021件)
2位:新潟県(1万3246件)
3位:北海道(1万1794件)
4位:富山県(1万1787件)
5位:石川県(9099件)