「次世代タクシー」長岡市で運行開始


「次世代タクシー」長岡市で運行開始(新潟県) | テレビ新潟

2020年の東京オリンピックに向けて、トヨタ自動車がタクシー専用車両として開発した「次世代タクシー」が、県内で初めて長岡市のタクシー会社に導入された。

「次世代タクシー」を導入した長岡市の三越タクシーでは、24日、野村社長や利用者の代表が出席し、出発式が行われた。
三越タクシーでは来年、創業65周年を迎えるのを記念し、県内で初めて2台を導入した。

次世代タクシー『JPN TAXI』は、トヨタ自動車がタクシー専用車両として開発し、3年後の東京オリンピックまでに全国で1万台の導入を目指している。

テーマは“おもてなしの心”。
大きめにつくられたドアの付近にはアシストグリップと呼ばれる取手が付いているほか、スロープをつければ車いすでも乗車することができ、子どもから高齢者まで様々な人が乗りやすいユニバーサルデザインが採用されている。
また、読書灯やUSB充電端子もあり、利便性も向上している。

この次世代タクシー、初乗り運賃は小型タクシーと同じ680円で、さっそく24日から長岡市と見附市で運行が始まっている。

Posted by TeNYテレビ新潟 10/24 19:35