冬の長岡花火2017 入場者数 約3,600人


冬の長岡花火:花火と光、競演 小雨の中、3600人 | 毎日新聞

「冬の長岡花火」が1日、長岡市の国営越後丘陵公園で打ち上げられ、冷たい小雨が降る中、入場者約3600人が花火とイルミネーションの華やかな光のショーを楽しんだ。

19万個の電球でツリーなどを飾り付けした園内で、クリスマスソングに合わせたスターマインなど6組の花火が夜空を飾った。最後に長岡花火定番の「フェニックス」が冬をイメージした構成で打ち上げられ、歓声と拍手がわいた。

(中略)

順調に入場できない人たちが続出して場内整理に課題を残した。主催した長岡花火財団は冬のイベントとして恒例化を検討するという。【金沢衛】

Posted by 毎日新聞 2017年12月3日