国交省職員を逮捕 近隣住民を暴行死 新潟市


国交省職員を逮捕 近隣住民を暴行死 | UX新潟テレビ21

警察の調べによりますと新潟市西蒲区に住む北陸地方整備局新潟国道事務所・係長の金子佳大容疑者(47)は近くに住む男性を転倒させけがをさせた疑いがもたれています。男性は病院に搬送されその後死亡しました。

当時、金子容疑者は自宅前で新聞紙を燃やしていて、男性から注意され口論になったといいます。
近所の住民は現場を目撃し、依然からたびたび金子容疑者がトラブルを起こしていたと話しました。金子容疑者は「押したことは間違いない」と話し警察は傷害致死事件として調べています。

北陸地方整備局では遺族に謝罪しつつ「職員の綱紀の保持を徹底し再発防止に努めてまいります」とコメントしています。

Posted by UX新潟テレビ21 2018.01.31