「エル シネマ大賞2018」ベスト1『万引き家族』


今年のベスト1が遂に決定! 「エル シネマ大賞2018」ランキング発表 | ELLE

第1位『万引き家族』

審査員コメント

安藤さくらはじめ、俳優の演技が素晴らしい。作品そのものの素晴らしさはもちろん、いまの日本映画界で社会に様々な議論を引き起こせる映画を作れるのは、是枝さんくらい。(渥美志保/ライター)

いないことにされている人々が、老女の年金で繋がり、家族になっていく。海水浴での樹木希林さんの姿は、屈指の名場面。これは是枝監督にとっての『生きる』なのかもしれない。(石津文子/映画評論家)

家族を描くことで現代社会の問題を炙り出し、「世間」への疑問も呈してきた是枝監督の集大成。俳優陣の演技はもちろん、ビルに隠れて見えない花火の音だけを家族で楽しむ場面の映像など全てがうまくかみあった。(伊藤恵里奈/朝日新聞記者)

是枝監督の映画のなかのお母さん、ミューズだった樹木希林さんの是枝作品最後の演技。病気とともに生き、「もうこれが最後」とぼやきながらも、ちゃんと作品に関わり続けた責任感と心意気、執念、いろんな思いに脱帽。(髙山亜紀/フリーライター)

今年歴史を作った作品。家族とは何か、絆とは何か? 人生を歩むヒントを与えてくれ、この先永遠と語られる名作。(ハリー杉山/タレント)

家族を描いた映画のなかでも永遠に残る名作! 是枝監督に心からの祝福を。(山内マリコ/作家)

『万引き家族』(是枝裕和監督/リリー・フランキー、安藤サクラ、樹木希林ほか)

カンヌ国際映画祭パルムドールを日本人監督として21年ぶりに受賞した話題作。舞台は、再開発が進む土地に取り残された古い平屋。祖母の年金を“定収入”として過ごす一家は、生活のために万引きに勤しんでいた。ある冬の日、父が連れ帰ってきたのは、母親に部屋から閉め出された女の子。だが、この行為により、平穏に暮らしていた家族の“秘密”が明らかになっていく……。

エル シネマ大賞

今年で4年目を迎えた“女性のためのベスト映画”を選ぶ、エル シネマ大賞。映画評論家や文化人、エル・エディターほか、約60名が審査員となり、独自の目線でベスト作品を選出。

Posetd by ELLE