長岡花火2015の見どころ


長岡花火2015の見どころ

復興祈願花火「フェニックス」

復興祈願花火フェニックス平成16年10月23日に発生した中越大震災からの復興への祈りを込めて誕生。
開花幅約2キロメートルにもおよぶ圧倒的なスケールの超ワイドスターマインで、黄金の不死鳥が連なって空高く舞い上がります。
全国の皆様からの温かいご支援への感謝の気持ちと全国の被災地への勇気、世界の恒久平和への祈りを込めて打ち上げます。

正三尺玉(三十号)花火

正三尺玉直径90センチメートル、重さ300キロ。
この巨玉が600メートル上空まで打ち上げられ、直径650メートルもの大輸に広がります。
使用する火薬の量は80キロで、現在法的に認められている最大重量。長岡花火の総合技術の粋を集結した傑作と言われています。

ナイアガラ大瀑布

信濃川に架かる長生橋と大手大橋それぞれに延長650メートルもの花火を仕掛けます。
大瀑布が川面に流れ落ちるさまは、ナイアガラの滝を再現する超豪華版の仕掛け花火として高い人気を博しています。
8月2目、3日で合計4台を打ち上げます。

花火「この空の花」

長岡花火を題材にした映画「この空の花-長岡花火物語」の上映を記念して平成24年に打ち上げました。
長岡市民の熱い想いをのせた平和を願う色とりどりの花約1,000発が、映画の主題曲にあわせ夜空いっぱい満開になります。
この空の花

白菊-慰霊と平和への祈り

長岡空襲の始まった時刻(8月1日午後10時30分)にあわせて慰霊の花火を打ち上げます。
空襲で亡くなられた方々への慰霊、復興に尽力した先人への感謝、恒久平和への願いを込めて、白一色の尺玉(10号)3発を打ち上げるとともに、市内寺院の協力を得て同時刻に慰霊の鐘を鳴らします。
また、8月2日、3日の大花火大会の冒頭には、戦災殉難者への慰霊と平和への祈りをこめて尺玉(10号)2発を打ち上げています。
白菊-慰霊と平和への祈り

Posted by 長岡まつり協議会