ながおか花火館(仮称) 喜多町で着手

画像

2020年五輪前のオープンで世界に発信 道の駅 ながおか花火館(仮称) 喜多町で着手 | 市政だより平成30年10月号

一年を通して長岡花火を楽しむことができ、長岡の魅力に触れられる観光拠点「ながおか花火館(仮称)」の整備に着手しました。

場所は、花火会場や長岡IC(インターチェンジ)からアクセスの良い川西地区の国道8号沿い喜多町地内で、敷地面積は約2.8ヘクタール。東京五輪前のオープンを目指し、交流人口の拡大を図ります。

プラネタリウム機能を持つ花火シアターをメインに、観光案内や地域の特産品を販売するスペースなどを設けます。今後、知名度が高く、集客効果が見込まれる「道の駅」として登録予定です。

導入する機能

・地域資源の情報発信:花火シアター、展示室、観光・道路情報コーナーなど
・地域振興・交流:特産品販売所、長岡産品を使った飲食店、野外イベントができる多目的広場など
・大型バスの駐車場
・防災機能

Posted by 長岡市ウェブサイト

ながおか花火館(仮称) 2020年オープン予定 概算事業費 約29億円

画像

2020東京五輪に向けて!長岡の魅力発信と交流人口の拡大 | 長岡市ウェブサイト

「ながおか花火館(仮称)」の整備

長岡花火の魅力や多様な地域資源を年間を通じて伝える情報発信拠点施設として、「ながおか花火館(仮称)」を整備します。
本年4月から、事業実施計画の策定や用地測量に着手するなど、具体的な検討を進め、このたび整備予定地が決定しました。
今後は、関係機関との調整や施設の設計・施工等を順次進め、2020東京オリンピック・パラリンピック開催前のオープンを目指します。 続きを読む