長岡花火2018 104万人来場

画像

長岡花火に104万人 | 長岡市ウェブサイト

慰霊・復興・平和への想いを次の100年へ。
大花火大会2日目も、圧倒的なスケールで長岡の夜を彩りました。

(中略)

2日間で104万人が来場。
開府400年の長岡花火に大きな拍手と歓声が上がっていました。

Posted by 長岡市ウェブサイト 2018年08月03日

長岡花火2018 正三尺玉で草が燃える火事 けが人なし

画像

花火大会で草が燃える火事 長岡|NHK 新潟県のニュース

3日夜、長岡市で行われた全国有数の花火大会の会場で、草が燃え広がる火事があり、警察と消防は、花火の火の粉が燃え移ったとみて調べています。

3日午後8時45分ごろ、長岡市で行われていた花火大会で、「花火の打ち上げ場所付近に炎が見える」という通報が消防に相次ぎました。
警察によりますと、信濃川の中州にある花火の打ち上げ場所の周辺の草が燃えたということで、火はおよそ2時間後に消し止められました。 続きを読む

長岡・慰霊の花火「白菊」から「慰霊と平和の祈り」

画像

長岡・慰霊の花火「白菊」から「慰霊と平和の祈り」 | UX新潟テレビ21

長岡花火で打ち上げる慰霊の花火について、広く親しまれた「白菊」という名前を今年は使用しないことになりました。

(中略)

今年から名称を「白菊」から、「慰霊と平和の祈り」に改めることになりました。

もともと「白菊」は、花火師の嘉瀬誠次さんが、シベリア抑留で亡くなった戦友に捧げた花火です。
長岡花火では2003年から、空襲があった8月1日夜に打ち上げられ、2015年からは2日と3日の花火大会冒頭も「白菊」として打ち上げてきました。 続きを読む