大地の芸術祭 「手づくり郷土賞(大賞部門)」を受賞


「大地の芸術祭」大賞を受賞

去年、十日町市などで開かれた大地の芸術祭が、魅力ある地域づくりや活動に贈られる国の「手づくり郷土賞」の大賞を受賞しました。

大地の芸術祭は、地域の伝統文化や豊かな自然を現代アートで表現する世界最大級の芸術の祭典で、十日町市と津南町を舞台に3年に一回開催されます。
去年行われた6回目の芸術祭では、110の集落が参加して、閉校した小学校や中越地震で半壊した家屋などを使ったおよそ380点の作品が出展されました。
この大地の芸術祭が、魅力ある地域づくりや活動に贈られる国土交通省の「手づくり郷土賞」の大賞に選ばれ、22日は十日町市役所で行われた伝達式で、祭りの実行委員長を務める十日町市の関口市長に認定証が手渡されました。
賞の選定委員によりますと、大地の芸術祭は地域にある資源を生かして、郷土を盛り上げる手法が先進的で、多くの人が中山間地の美しさを知るきっかけになっている点などが評価されたということです。
十日町市の関口市長は「魅力ある地域の資本を活用するには地域の協力がなければできないことなので、受賞を契機に取り組みをさらに発信していきたい」と話していました。

Posted by NHK新潟県のニュース