浴室の汚れ・シミ・カビ等のお手入れ・お掃除方法


浴室の汚れ・シミ・カビ等のお手入れ・お掃除方法

浴室のカビ

浴室のカビ情報 お手入れのコツ

浴室は、人の身体から出る皮脂や石けんカス、水道水等による汚れやカビ等、さまざまな汚れが付きやすい場所です。
汚れは放っておくと、固くガンコな汚れになり、取れなくなることもあります。
キレイを保つために「お手入れのコツ」をしっかり実行しましょう。

どうしてカビが生えるの?

梅雨時期、やっかいなのが水回りのカビ。
カビは微生物の一種で真菌と呼ばれています。カビが生えるには、

 1.温度(20~30℃)
 2.湿度(70%以上)
 3.養分(皮脂、ホコリ等)

が必要です。浴室はこの条件をみたしやすく、カビが生えやすい場所の1つなのです。

カビを生えにくくするために

入浴後に、シャワーでその日の汚れ「養分」を洗い流し、水のシャワーで浴室内の「温度」を常温程度に下げます。
その後十分に換気(窓を開けるか換気扇を回す)して「湿度」を下げます。

もし、カビが生えてしまったら

掃除でカビ以外の汚れを落とし、浴室が乾いているときに、

 1.ゴム手袋、マスク、保護メガネ等を着用します。
 2.浴室のドアを閉めて窓を開けるか、換気扇を回します。
 3.カビが生えている場所にカビ取り剤をスプレーします。
 4.しばらくおいて水で洗い流します。

※カビ取り剤・防カビ剤を使用する場合は、必ず注意書きをよく読んで正しくお使いください。
※カビ取り剤は長時間放置したり、洗剤の洗い残しがないようにしてください。変色や変質、金属のサビ、ゴムの劣化の恐れがあります。
※キレイ鏡にはカビ取り剤が付かないようにご注意ください。防汚効果が失われます。カビ取り剤が付いてしまった場合は、すぐに洗い流してください。
※カビの上に汚れが付いていたり、ぬれているとカビ取り剤の効果が低下します。
※カビやカビ取り剤に関する詳細は「日本家庭用洗浄剤工業界HP(外部リンク)」をご覧下さい。

Posted by INAX