帝京長岡高校の火事 卒業したばかりの卒業生(18)を放火の疑いで逮捕


帝京長岡高校の火事 卒業生を放火の疑いで逮捕 | UX新潟テレビ21

4月3日、長岡市の帝京長岡高校のゴミ置き場が焼けた火事でこの春、高校を卒業した男子大学生が放火の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは長岡市の男子大学生(18)です。
警察の調べによりますと男子大学生は4月3日午後8時ごろ長岡市住吉の帝京長岡高校のゴミ置き場に火をつけた疑いがもたれています。

男子大学生はこの春、帝京長岡高校を卒業したばかりで、警察の調べに対し「間違いありません」と容疑を認めているということです。
警察は動機などを詳しく調べることにしています。

帝京長岡高校では去年9月にも体育館棟で2度にわたって火事があり、当時16歳の男子生徒が放火の疑いで家庭裁判所に送致されています。

Posted by UX新潟テレビ21 2018.04.06