東京湾大華火祭2016の休止について


東京湾大華火祭の休止について | 中央区ホームページ

平成28年1月25日(月曜日)に開催した東京湾大華火祭実行委員会において、毎年開催しておりました「東京湾大華火祭」について、当面休止することを決定しました。

休止決定の理由

昭和63年度から実施している本華火祭は、昨年まで27回の実績を重ね日本を代表する夏の風物詩として、区民、都民はもとより多くの方々に楽しんでいただいておりました。
今般、約10万人規模の観客を収容していたメイン会場の場所が、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催に伴う選手村とされ、その整備工事に着手していることから、区民の皆さまに安全・適切かつ十分な広さの観覧場所を区内に確保できないこととなったため、中央区が主体となって華火祭を開催することは困難と判断し、休止を決定しました。

今後について

本華火祭は、地域の活性化や観光商業の振興に寄与するとともに、首都圏を中心として大きな経済効果を生み出していました。
また、増え続ける訪日観光客はもとより、プレ大会や開催年にも選手や役員の皆さまへの世界に誇れる日本の花火による「おもてなし」は、首都東京の魅力を大いにアピールできる取り組みです。
そこで、今後とも晴海地区に大規模な観覧場所を確保することは困難ですが、新たな観覧会場の確保や打上げ場所の調整などを含め、引き続き東京都及び周辺区、関係機関の協力を求め、東京湾を舞台とした同規模の花火大会が早期に再開できるよう全力で取り組んでまいります。

Posted by 中央区ホームページ