春季企画「猫と人の200(にゃ~)年」の入場者が1万人を達成

画像

春季企画展の入場者が1万(みゃ~)人を達成しました!!|新潟県立歴史博物館公式サイト

5月20日(土)、春季企画展「猫と人の200(にゃ~)年」の入場者が1万(みゃ~)人を達成しました。

(中略)

春季企画展は6月4日(日)まで開催します。まだご覧になっていない方はぜひこの機会に県立歴史博物館にお越しください。 続きを読む

火焔型土器を東京オリンピック聖火台に

画像

火焔型土器を聖火に | BSN NEWS

(前略)

米山知事を訪ねたのは、縄文文化研究の第一人者で県立歴史博物館の小林達雄名誉館長です。

県内で多く出土する火焔型土器を聖火台のデザインに採用してもらうため県としての協力を求めました。
小林名誉館長は「縄文文化は日本文化の下敷き。
日本文化の発信にもつながる」と強調します。

続きを読む

来館者1,111,111人を達成 新潟県立歴史博物館

■来館者1,111,111人を達成しました!!
3月20日午後3時10分、おかげさまで来館者1,111,111人を達成しました。
記念すべき1,111,111人目のお客様は、富山県魚津市よりお越しの東城浩一様、真佐子様ご夫妻です。ご夫妻には、当館館長より、認定証と記念品が授与されました。おめでとうございます。 続きを読む

体験コーナー「縄文文様コロコロ体験」を開催(2月13日~3月21日の土日・祝日) 新潟県立歴史博物館

■縄文文様コロコロ体験(2月13日~3月21日の土日・祝日)
県立歴史博物館では、2月13日(土)~3月21日(月・祝)までの土日・祝日に、体験コーナー「縄文文様コロコロ体験」を開催します。
オーブン粘土で縄文土器のミニチュアを作り、 続きを読む

3月6日(日) 記念講演会「水中考古学入門」 新潟県立歴史博物館

■記念講演会 「水中考古学入門」
国際条約発効などを受けて、近年国内外で飛躍的な発展をとげつつある、水中文化遺産を研究する「水中考古学」について紹介します。
講師 : 岩淵 聡文 氏 (東京海洋大学大学院教授) 続きを読む

2月20日(土) シリーズ「運ぶ」連続講座 「出稼ぎと運びの文化―山古志を事例に―」

出稼ぎによる人々の移動に注目すると、それに伴って、モノが運ばれたり、情報が伝達されたりしています。雪国の山村では、このような人・モノ・情報の動きの様子がよくわかります。主として長岡市・山古志地区の事例を紹介しながら解説します。
講師 : 陳 玲(新潟県立歴史博物館研究員) 続きを読む

冬季企画展「UMIAGARI―海揚がり―」展示解説のご案内 新潟県立歴史博物館

冬季企画展担当の学芸員が、観覧者のみなさまに対面で展示資料を解説します。

◆期日:
 ・1月 23日(土)、24日(日)、31日(日)
 ・2月 13日(土)、14日(日)、20日(土)、21日(日)
 ・3月 未定 続きを読む