新潟県小千谷市の片貝小学校で卒業式 花火で卒業祝う


小千谷市の小学校で卒業式 花火で卒業祝う(新潟県)| NNNニュース

世界一の四尺玉花火で知られる小千谷市片貝町の小学校で24日、卒業式が行われ、お祝いの花火を打ち上げて卒業生を送り出した。

小千谷市の片貝小学校では24日、6年生43人が関昌子校長から卒業証書を受け取った。

小学校で過ごした6年間を振り返り、涙を流す卒業生。そして、片貝まつりで花火を神社に奉納する際に唄う「木遣り」が披露された。地元の伝統を守って欲しいと、在校生が初めて卒業式で披露し、卒業生を送り出した。

式典のあと、グラウンドに出た卒業生たちは空を見上げる。色とりどりの花火が打ち上げられ、卒業を祝った。
地元の伝統あふれる卒業式を経て、卒業生は学び舎をあとにした。

Posted by NNNニュース